債務整理の途中で訴訟を起こされる場合

債務整理をしている途中で訴訟を起こされるケースは任意整理の時だけです。
民事再生や自己破産はいったん手続きに入ったら訴訟を提起することはできません。
法律でそのようになっているのです。
しかし、任意整理に関してはその様な法律がないため債権者は訴訟も提起できるのです。
任意整理は基本的に債権者と債務者の和解交渉です。
経験豊かでいろいろな事例を経験している弁護士さんなら任意整理中にそのようなことを避けるようにしてくれますが、そうでない場合は裁判になることも想定して任意整理しなければなりません。
債権者は裁判によって債務名義を確定させ、いつでも強制執行できる状態を作る事が出来ます。
給料の差し押さえ、不動産などの競売などを実施できる状態にしておきたいのです。
そのようなことを避けるには民事再生か自己破産を選べばいいのですが、その場合は債務者もダメージは大きくなります。
何を選択すればいいかは、それに通じた専門家に相談すべきです。合わせて読みたい情報:CLICK HERE